株口座が凍結

証券口座の凍結と死亡



証券口座の名義人が死亡したら凍結する?

 

証券口座は保有者が死亡すると凍結して使えなくなってしまうのか?

 

銀行では名義人本人が死亡すると即座に凍結して出金・引出・引き落としなどの処理ができなくなりますが、証券口座も同様なのか?

 

などと疑問に思っている株式トレーダーも多いはず・・・その疑問を解決していこうと思います。

 

結論から述べると証券会社も銀行と同様で相続等の手続きが終わるまで、原則としてお金を出金して使ったりすることはできません。

 

証券口座の相続手続きとは?

 

証券会社に死亡者が口座開設している場合、証券口座の残金や株式の相続手続きをする必要があります。

 

相続の手続きをする方はそれぞれの証券会社に従って、委任状、戸籍謄本、印鑑証明書を送付して相続に必要な書類を請求することになります。

 

その後必要書類が送られてきて書類を処理することになります。

 

死亡者の証券口座内の金融資産が整理された後、最終的に証券口座が閉鎖されることになります。

 

証券会社によって手続きが異なります。よくご確認の上手続きを進めることをおすすめします。

 

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>



ホーム RSS購読 サイトマップ