株式の購入方法

株式の買い方



初心者株の買い方

 

株初心者のおすすめの株の注文方法や証券口座で株を購入する方法を基礎から紹介します。

 

証券口座開設完了後に株の買い方が分からない初心者の方は多いようです。

 

単元って何

 

単元は株を購入する時に重要な単語ですので、確実に覚えていきましょう。

 

会社の株を買う単位は決まっていて、1単元・10単元・100単元・1000単元などに分かれています。

 

例えばA社は100単元からの購入で、1株100円の場合、最低でも必要な資金は100単元×100円(株価)=1万円ということになります。

 

この場合A社の株を購入するためには例え1株あたりの株価が100円だとしても、100単元からの購入が条件になっていますので、1万円+約定手数料は証券口座に入金しておく必要があります。

 

プチ株・S株・ワン株の単元未満株投資って何

 

実は100単元から購入の会社でも、1単元から買える投資商品が存在します。それがマネックス証券のワン株、カブドットコム証券のプチ株、SBI証券のS株など単元未満株です。

 

簡単に説明すると1部購入できない株もありますが、基本的に1単元からの株の購入が可能になります。そのため数千円~数万円程度の少ない資金でも分散投資することができるので、初心者に人気です。

 

株を買う手順

 

  1. 証券口座開設
  2. 口座に必要資金を入金
  3. 購入する株を選ぶ
  4. 購入する単元数を選ぶ
  5. 買い注文を出す
  6. 株の購入完了

 

株を買う注文方法は

 

株トレードする注文にはいくつか種類があります。初心者の方にまず覚えて頂きたいのは成行・指値の2つの注文方法です。

 

成行注文とは株を売ってくれる投資家が居れば基本的にすぐに購入できる注文です。購入株価はその相場の成行ということになりますので、ある程度の予想はできますが、正確に測ることは難しいです。

 

そのため、予想以上に高い値段で購入してしまったり、安く買えてラッキーなケースもあります。

 

一方指値注文ではあらかじめ、自分で買いたい株の値段を指定して注文します。例えば1株あたりの株価100円で注文を出した場合、100円がで購入が完了することは有り得ません。

 

逆に言うと指定した株価にならないと永遠に購入できないということです。予想と反して安くなることも高くなることもありません。

 

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>



ホーム RSS購読 サイトマップ