株式の売却

株式の売り方



初心者向けの株の売り方

 

株の初心者向けの売り方(売却)テクニックを紹介します。

 

初めて株を購入する時は誰もが不安と希望で胸をふくらましてドキドキしますが、売るのも結構悩んだり緊張する投資家は多いと思います。

 

特に株初心者の方で売りのタイミングが分からないと困っている人は結構多いのです。やっぱり人間ですので「もっと上がるのはでは?」という欲求と「暴落する前に売るべき?」など不安が入り混じってしまうようですね。

 

株の売る手順

 

  1. 株を購入
  2. 売る銘柄を選択(複数の銘柄を保有している場合)
  3. 売る単元数を決める
  4. 売り注文を出す
  5. 株の売り完了

 

売りの単元数が重要

 

まだ株価が上がり続けるはず・・・でも今すぐ必要な資金を確保するために株を売却しなくては!

 

ちょっと待ってください!売却する時全ての株券を売却する必要があると勘違いしていませんか?

 

買い注文の同様で単元単位で株を売却することができます。例えば100単元からの購入で、1000単元の株を買った場合、売る時は100単元でも500単元でも可能なのです。

 

半分売って、半分継続して保有する選択枠があることを覚えておいてください。

 

指値注文だと売れないことも・・・

 

初心者の売りで多いのはやたらと高い値段で売りの指値注文を出すことです。

 

指値注文はご存知の通り、指定した金額にならないと売却することはできません。欲張って結果売れなくなってしまった・・・なんてケースを考えると株初心者にはスムーズに売却できる成行注文がおすすめです。

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>



ホーム RSS購読 サイトマップ