株式投資のトレードタイプ

株の投資タイプ



株式投資の方法とトレードタイプ

投資では大きく分けて短期・中期・長期投資とトレード頻度が人それぞれ異なります。株式も例外ではありません。長期的に見て利益を出したいのか?その日の相場で短期的に利益を狙いたいのか?それによって投資方法・トレードスタイルやタイプは変わってくるのです。株式で勝つには自分がどのタイプのトレーダーなのかを把握することはとても大切なことで、それによって自分の技術を磨く場所が変わってきます。まずは自分の投資スタイルを知っておきましょう!主なトレードタイプは下記の通りです。

 

  1. 短期投資
  2. スキャル・デイトレードなどのタイプが短期投資に当てはまります。このタイプは数秒~数時間、長くても1日の間でトレードを決済する投資スタイルになります。プロの専業トレーダーに多いタイプで、たまにテレビに一流投資が写る際に見ることができる多画面のパソコン(デイトレ用パソコン)を使っている方のほとんどが短期投資タイプのトレーダーになります。人によって1日の数十回の売買を繰り返すので、まさに情報や分析力が問われる投資法と言えるでしょう。株式は平日に市場が開いていますので、副業の方には向かないですね。

     

  3. 中期投資
  4. 数日~1ヶ月程度の期間でトレード決済するタイプです。サラリーマン・OLなど株を副業としている方に多い投資方法です。しかし、明日暴落しないかな?ストップ安の心配は?など株を保有している期間はストレス・不安になってしまうトレードタイプとも言われています。

     

  5. 長期投資
  6. 数か月~の投資で長い方だと10年くらい同じ株を保有し続けています。世界的な投資家ウォーレンバフェットも長期投資タイプと言われていて、世界の大富豪に多いトレードタイプです。基本的に長期的成長を見込んで株式を購入しているので、少しの暴落ではストレス・不安材料になりにくいというメリットもあります。

 

以上代表的な3つの投資法の紹介でした。自分に合っているスタイルは見つけられたでしょうか?

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>



ホーム RSS購読 サイトマップ