シンガポール株式 証券口座開設

シンガポール株 証券口座



シンガポール株を購入できる証券会社比較

シンガポール株式を取り扱っている証券会社の比較と証券口座開設について紹介します。

 

シンガポール株式を購入するなどトレード(取引)を始めるにはSBI証券、楽天証券などシンガポール株式を取り扱っている証券会社で口座開設する必要があります。

 

下記の表では主にシンガポール株式の手数料、証券口座開設・管理料、注文種類(方法)、外貨決済、モバイル対応を各証券会社で比較してまとめました。

 

おすすめは口コミ・評判も良い楽天証券、エイチエス証券ですね。

 

口座情報 SBI証券 楽天証券 エイチ・エス証券

手数料

約定金額の1.05%

約定金額の1.05%

約定金額の0.84%

(100万円以下)

口座開設・管理料

無料

無料

無料

注文種類

指値限定

指値限定

/

外貨決済

×

モバイル対応

(スマホ・携帯)

×

×

×

*最低手数料・その他最新情報は表先頭の各証券会社の公式ホームページで必ずご確認ください。

 

シンガポールの特徴・代表市場・企業

 

シンガポールと言えば法人税率が低く・様々な国と比較しても法人設立の費用は少なく抑えることができる国です。日本は法人税率が高いことから、メリットを感じない人が増え、最近ではシンガポールに会社を設立する方も増えてきているようです。新興国ながら、国民1人当たりのGDPは先進国レベルの高い水準になっています。

 

シンガポールの代表的な有名企業にはDBSグループ・ホールディングス、SIA、シンガポール・テレコムなどがあります。シンガポール株式の取引市場は主にSGXです。

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>



ホーム RSS購読 サイトマップ