株トレード手法・種類

トレード手法



株式投資のトレード手法や種類

株式投資のトレード手法の種類・特徴を紹介します。

 

スキャルピング、デイトレード、スイングの3つの短期株トレード手法について説明します。

 

スキャルピング

 

スキャルピングとはトレード手法の中で最も早く決済する手法です。そのスピードは数秒~遅くて数分です。秒単位のトレードですのでノイズと呼ぶ人もいます。正直言うと投資の性質とは少し異なり、どちらかと言うと競馬、パチンコなどギャンブル性の高い投機に近いトレード手法です。多画面パソコンなどある程度トレード環境を整えているプロの専業トレーダーに多い印象を持ちます。

 

デイトレード

 

デイトレードは一番短期売買で良く聞くメジャーの株トレード手法です。デイトレードの売買期間は数分~1日単位です。1日の相場で決済する手法ですので、情報・分析との戦いになります。株の副業に向いているトレード手法と言えます。

 

スイング

 

スイングとは1日~数週間(1ヶ月以内)の間で売買するトレード手法です。おそらく株初心者の方はあまり聞いたことの無い手法だと思います。

 

*短期売買は精神的ストレスの負担が大きいと言われています。理由は一の相場の動きで損失を出すか、利益を出すか決まるため、常に気になって仕方の無い心理状態になってしまうからです。少しストレスが溜まってきたな~と感じてきたら長期投資にトレード手法を変えるのも1つの手だと思います。

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>



ホーム RSS購読 サイトマップ