株とFXどっちが儲かるか比較

株とFX比較



株式投資とFX取引とっちが儲かるか?比較

株式投資とFXトレードの違い・メリット・デメリットなど特徴を比較して紹介していきます。

 

結論を言うと株式投資とFXトレードどちらが儲かるかは投資家の実力次第という結論になりました。株式投資では稼げるけど、FXでは負ける人もいます。

 

しかし、下記の比較を見ると、FXは流行りの投資だけ合って、利便性に優れていることが分かります。

 

取引時間帯

 

株取引とFXを両方やっている方は分かると思いますが、取引できる時間帯が全く異なります。株式投資の場合は東京証券取引所に注文を出す場合は平日の午前9時間~午前11時半、間1時間休憩が入って、午後12時間半~午後15時までになります。しかし、FXトレードの場合、東京証券取引所だけで為替を売買している訳ではなく、世界中の市場で取引が交わされています。そのため平日であれば24時間世界のどこかの証券所で取引をすることができるのです。サラリーマン・OLなどの副業として考えると、正直言って勤務時間帯に重なる株式投資は難しく、通勤電車・仕事後などにトレードをすることができるFX(外国為替証拠金取引)に副業としての利便性が高いと言えます。

 

値幅

 

例えば米ドル/円の値幅が1日に10円とか100円変動することは、よっぽどのことが無い限り考えられないでしょう。しかし株式投資の場合は100円、200円変動することは当たり前です。そっか、株はFXと比較してハイリスク・ハイリターンの投資なのかと納得してしまう人がいるかもしれませんが、FXにはリスクとリターンを好みで選べるように資金の1~25倍で取引できるレバレッジという制度があります。

 

投資対象

 

FXトレーダーの投資対象とする通貨ペアは10~20程度が一般的なのに対して、株式投資の場合、上場企業が数千とありますので、その中から分析・情報などで選出して投資することになります。FX取引の方が株と比較して的を絞ったトレードがしやすいメリットがあります。

 

儲ける方法

 

株式の現物取引では儲かるタメに株を買って、上昇したところで売却する必要があります。しかし、FXトレードであれば買いの他、売りから入って、買い戻して利益を出すことができます。つまり株と比較して2倍チャンスがあるのです。

 

FX口座開設比較へ進む

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>



ホーム RSS購読 サイトマップ