証券口座の倒産したら?

証券会社の倒産



証券口座の倒産

 

証券会社倒産の気になるキーワードはこれだ!

 

保証、場合、現金、保護、株、理由、リスク、預金、投資信託・・・この中の一部について紹介していきます。

 

証券会社って倒産するリスクはありますか?

 

まずは証券会社の過去を振り返ってみましょう。

 

バブル崩壊後の数年後に当時、日本の大手証券会社で存在感の合った「山一証券」が倒産しました。

 

これまで日本では証券会社と言えばエリート集団、企業が潰れるはずがないという神話がありました。それが一瞬して消え去った瞬間でもありました。

 

その後時代は平成へ。これまた次々に証券会社が倒産していき、平成になって以降倒産した証券会社は約10社。

 

証券会社が倒産するのは決して珍しいことでは無くなりました。

 

リーマンショック

 

世界に名だたる大手投資銀行のリーマンブラザーズの倒産。まだ記憶に新しい人も多いはずです。

 

アメリカの景気悪化は日本にも大きな影響を及ぼしましたね。就職難、リストラ、倒産・・・

 

世界経済に多大な影響を与えた倒産でした。

 

倒産した場合、証券口座はどうなる?

 

証券会社が倒産するリスクが十分あると理解したところで、肝心なのは株式と預金ですね。

 

実は株式や現金は分離されて管理されていますので、資産は保証(保護)されきっちり戻ってきます。

 

投資信託についてもほとんど同じと考え良いでしょう。

スポンサードリンク
<スポンサードリンク>



ホーム RSS購読 サイトマップ